Sponsored Links

記事検索

キャバクラを探そう!

会話を弾ませる一流のトーク術

2016年05月19日 11:07

さて、初対面における2つの指名テクニックは先ほどの記事でわかってもらえたんじゃないかなと思います。その時はできるだけオシャレすぎないけれど、野暮ったくもない清潔感のある服装で挑んでほしいものです。では続いての第2回のお題は、実際にお気に入りの子と仲良くなるために必要なトークについてです。


明るくて楽しくなるトーク

普段みなさんはどんな感じのトークをしていますか?会社の愚痴とか言ってませんか?つまらない話を延々とする男性がいますが、もしモテたいなら今すぐその気持ちは捨ててください。じゃあどういう話をすればいいのか、それは明るくて楽しくなるトークをすることです。嬢にリードしてもらって適当な話をしていても全然進展なんかありえません。二人のトークの中で積極的に自己開示をしていく必要があるからです。すると自ずと会話が盛り上げるでしょう


トークのキャッチボールをしっかりと意識

自己開示をする理由は一つ、自分の魅力を相手に伝えるためですが、自慢話をすればいいっていうわけではありません。どういう人間か、私生活や考え方などを楽しいエピソードなどと一緒に話せばいいだけです。また、同時に相手のことを探るための質問力も問われます。質問から掘り下げていき、相手の本音やプライベートな部分を探る必要があるからです。会話ネタとしては、日常的な生活のことや、学生時代の部活動やサークルの話、小さい頃の失敗談やコイバナは鉄板ネタになります。会話ネタはしっかりとたくさん用意しておいてくださいね、幾らでも楽しい話ができる男というのはいつだってモテます。そして、トークのキャッチボールをしっかりと意識すること、相手を笑わせたりすることを意識してエピソードを披露するんです。絶対に下ネタはタブーなのでやめてくださいね!